シアリス服用の注意点

シアリス服用の注意点

シアリスを服用する利点はなんでしょうか?
・長い時間、効き目が続くこと
・食事ができる
・副作用が少ない

などのことが挙げられますが、ED治療薬の中でも特に便利な薬とされているだけにその愛用者は国内に限らず、世界中の勃起不全に悩む男性が使用しています。使用される機会が多いだけに、絶対に知っておかなければならないのが服用上の注意点です!

今回は、服用することができない方や併用してはダメとされる薬などについて紹介します。重い副作用を起こすと、二度と勃起ができなくなる可能性あるのでしっかり確認して下さいね。

シアリスを服用できない人

・重い心臓病
・脳卒中

そもそもこういった病気を患っている人はSEX自体が危険な行為!!また、極度に血圧が低い人や高血圧の人も心臓や脳の血管に大きな負担となるので、医師が「飲んでも大丈夫!!」と判断しない限り服用はできません。
・狭心症
・心不全

どちらも心臓の病気ですが、治療のために使っている硝酸剤とされる「ニトロ系」の薬とは絶対に一緒に飲んではいけません!!ED治療薬の作用である血管の拡張とおなじ作用を持っているので、血圧が急激に低下するので非常に危険な状態に陥ります。場合によっては心停止を起こすこともあるので、死と隣合わせになりますよ…。

他にも、
・α遮断薬(降圧薬や排尿障害の治療薬)
なども血圧を変動させる作用があるので、同じ様に併用できません。

使用のタイミング

目安としてはSEXの3時間前が良いと言われています。あまりギリギリになってから飲むのは、効果が不十分で「勃起できない…?!」なんて事になるので、薬も飲んでSEXできないじゃ本末転倒ですよね…。効果はかなり長く続くので(36時間)、3時間前の服用でも問題ありません。1日で飲んで良いのは1錠までで、次を服用する場合には少なくとも24時間以上の間を空ける様にしてください。

副作用の中に、
・視覚異常
があるので、「ものが青く見える」や「青と緑の区別がつかない…」などが症状になるので、万一を考えて服用してから車などを運転するのは控えてください。
・急激な視力の低下が起こった場合には→眼科
・耳の聴こえが悪くなったり、耳鳴りやめまい(突発性の難聴)が現れた場合には→耳鼻咽喉科へ受診となります。

もっとも怖い副作用

少数例とされていますが、可能性が0ではないので紹介します。
・プリアピズム
これは持続性勃起症と呼ばれるものです。4時間以上、勃起状態が続いてしまい、さらに痛みがあるのであればマズいです…。ペニスの組織が破壊されてしまい、勃起不能といって二度とSEXできないからだになるかも知れないです…。国内ではまだ確認されていない様なので、そこまで不安を感じる必要はないですが、念のため注意しておいてください。