代表的なシアリスジェネリック

代表的なシアリスジェネリック

代表的なシアリスジェネリックの紹介と価格の違いなどについて詳しく解説します。

代表的なジェネリック

・メガリス
・タダリス
・タダリス
・タダシップ
・フォーゼスト
・タダポックス(特殊枠)

となり、どれも成分はタダラフィル20mgとなっているので違いはありませんが、タダポックスだけは少し違うので先に解説します。

タダボックス

この薬はタダラフィル20mgまでは同じですが、もう1つ抗うつ剤の成分ダポキセチンが60mg配合されています。「うつ病は関係ないでしょ?」と思う人もいると思います。しかし、このダポキセチンは世界でも唯一認められている早漏の改善成分になっているんです。

実は早漏は勃起不全の合併症として起こる男性が多く、国内には推計でも500万人近くいると言われています…。しかもこのダポキセチンが入って先発薬は「プリリジー」といいますが、その値段は…1錠3000円です。ED治療薬と併用したら薬代だけで家計は火の車です…。

そこでジェネリックとして1錠にまとめることで、1錠の価格が300円前後とされているので、追加で成分が含まれている事を考えるとかなりお得な商品です。

ここからは、タダラフィルのみが入っているジェネリックの紹介です。

メガリス

1錠は380円ほどで、インドの製薬会社マクレオーズ・パーマスティカル社が製造しています。また、20mg錠以外にも10mg錠もあるので初めて購入するのであればオススメです。丸い赤色の外見をした錠剤です。

タダリス

アジャンタファーマ社が製造している薬です。1錠は400円ほどになっています。黄色のだ円が特徴の錠剤です。

タダシップ

シプラ社の製品で、1錠は390円前後となっています。剤形が先発薬に似ているのが特徴です。

フォーゼスト

ランバクシー社の商品です。長細い濃い青色が特徴の薬で、半分にカットできる様に真ん中に切れ目が入っているので10mgとしても服用できます。値段はもっとも高く1錠450円前後となっています。

どの薬もすべて製造国はインドになっています。本来であれば先発シアリスは特許が継続しているのでジェネリックは開発できませんが、インドであれば法律が異なることで同じ成分で安く製造することができます。はじめての方は10mgでも使用できるタイプがオススメで、早漏と並行して勃起不全を治療するのであればタダポックスがオススメです。